注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

羽ばたきましょう!

強さは困難に立ち向かう事でしか掴めん!ならば、我はあえて茨の道を進もう!!

 
 
 

日志

 
 
关于我

追梦人,通过CATTI日语二级口译,广外日语口译专业应届,就活中,口译业务请联系邮箱。声控,喜欢动画和轻小说。中日通訳者です。有能ですが(多分)面白味のない人。

网易考拉推荐

雨、花弁、と出会い (作文训练3)  

2010-09-22 23:03:03|  分类: 日语作文训练 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
雨、花弁、と出会い (作文训练3) - .杰々_☆°∴ -

夜桜

日当たりの下で満開していた桜は、春めいた四月の始まりを告げる。なのに、闇の裏側だけを向け続ける歪んだ月の夜に揺らめいた夜桜は、無限の空しさを生みだす。

桜の並木道を歩んでいての恋人同士の二人が、夜桜を花見しながら、不思議な昔の事を思い出していく。

毎年桜が咲き誇るたびに、必ず寒さが振り返したり雨が降ったりして、せっかく咲いた花を散らしてしまうのはなぜだろうと、歩きながら、彼女はそう思っていた。彼は考え事をしている彼女に振り返すと、彼女のそのおかしい顔つきに思わす笑い出した。その笑顔は優しくて爽やかな微笑みだった、曇りを吹き散らせるような。その瞬間、彼女の肩に一枚のハート型の桜の花びらが宵の空から涼しい風に乗ってひらひらと舞い飛んで来た。彼女はその夜桜の花びらを掴んで、二年前のことを思い出し始めた。

「さようなら、ごめん。」この一声が夜の静げさを打ち破れて彼女一人がこの桜が満開した並木道で立っていた。彼女は振られた。こんな月のない、夜桜の花びらが舞い散り、風の中で踊っていた夜は彼女にとって初めての恋が終わったところだった。

空しさのあまりに、落ち込んでいた彼女は一生懸命に涙を我慢して、一人で誰もいないはずの道を歩いていた。突然彼女の前に現れたのは、背が高く、凛とした男の後ろ姿だった。朧げな電灯の光の下で彼は頭をあげて、舞い降りようとした天使を仰ぐように夜桜の花びらを据えて見ていた。

今にも雨がふりそうで、空に月は出ていなくて、暗い暗い闇だった。彼女は息が止まりそうで、むせ返た。「こんにちわ」と、男は彼女のことを察して、先に声をかけた。小さい声だったが、優しい声だった。彼女はそれを聞こえた。突然かけられて、漠然した彼女は返しなくて、ただそのまま彼を見つめて、そして、思いが募って始めた。前の彼氏もそういう優しい声だった。彼女は思い出の中に浸ってしまったのだ。

彼は少し間を待った。「ごめんごめん、驚かせたかい?僕はただ...」と、彼は無言のままの彼女にもう一度声をかけた。彼女はやっと気づいた、前に立っている男は彼ではなくて、ただの赤の他人だ。

「こんな寒い夜にどうして一人なの?」

目の前に立っていた男は赤の他人にすぎないのに、どうして私を気をつけてくれるのだろう?どうして私の気が揉めてやまないの?分からない、赤の他人のくせに、どうしてそんな優しい声でかけてくれたか?分かろうにも分らない。彼女依然返しなくて、ただ独り言をしているみたいに呟いた。

告げもない。ただ風がますます強くなって、雨さえもその憂鬱な空から彼女の眼鏡にかかって来た。彼女は無言のまま、いつからともなく、眼が潤んだ。それは雨水か?それとも涙か?彼女さえ分からない。唯一知っていることは、もう我慢しなくてもいい、抑えなくてもいいのだと。夜の静けさは雨のせいでもう一度破れた。

そういう光景を見た彼は、何をすべきかさえ知らず、とにかく手のひらに握られていた傘を彼女に捧げようと思った。近寄ると、彼女が泣いていることを承知した。時は止まったようで、青みがかって光る夜桜だけが風のせいで揺らめいていた。

雨は花びらを散らしに来たようにますます強くなってきた。彼は彼女を見つめて、そう言った。「大丈夫、泣かないで、僕が悪かったら謝るよ、ごめん。」と。彼女は突然彼を抱いた、深くて力強くて。さらさらと雨は降り注いで、彼のシャツは彼女の涙に濡れられた、そして、体は動こうにもできなかった。

夜桜のしたで、相合傘をした二人、雨を当たり、散らされた花びらを見て、無言のまま立っていた。

「どうして、こんなにも思いが募るのか?恋しい、愛しい、楽しい、そして切ない。何もかも偽りみたいに、私を騙して、傷つく。」

彼女の鳴き声は止みそうもなくて泣き続けた。むせかえるほどに。彼はただそんな彼女にそのまま抱かれて、自分にできることはただそれだけだと分っていた。彼女を慰める方法はこれしかないと。

満開の夜桜は雨に散らされてても、花びらはハート型で、変わりない。無語のままの二人がいた。それは彼女たちその訳も分からない初めての出会いだった。

風の声は虚ろに夜桜の花びらの間を縫って、その声で、音で彼女は現実感を取り戻す。「どうしたの?ボーとしてて。」彼に問いかけられた。あの時は。また誰かに好きになることができるなんて、思ってもみなかった、それに、相手はあの時に抱いた男だということを。納得できないぐらいだ。

「でも今は、私は彼と手を繋いでいる。隣に彼がいる。一緒にいてくれた。」彼女は彼に目線を投げた、幸せそうに。花びらがまたもう一枚夜桜の枝から飛んできた。ハート型の花びらだ。恋の幸せを示すような形だ。

「桜のしたでは、気が狂っちゃうって言わない?」彼の声。

「小説だよ、それって、ちょっと昔の。」彼女の声。

彼女たちの声は夜に闇に静かに鳴り響く。「たぶん、夜桜が奇麗すぎるから?」彼女はそういって、彼に目を合わせた。

「遊ぼうよ。」彼女は思いついたように言った。

「君がそう望まれば」

「影踏みがいい。なんだか夜桜のしたで、影踏みをしてって、ロマンチックじゃない。」

彼女は声も出さずに走っていく、散り敷いた夜桜の花びらをぱっと空中に舞い上がた。

「捕まえた。」彼はそう言いながら、後ろからそっと彼女を抱いた。

彼女の髪には花びらが一枚飾りのように挟まっていた。一つに重なった影が、白い絨毯の上に長く延びた。風が吹き、二人を包み込むようにたくさんの花びらが舞った。月が出て、すべてを明るく照らしていた。

彼は言った、「あの日と違うよね、二年前のあの夜、夜桜が散らされた夜」

彼は初めての出会いが覚えた。

「似ってないよ、雨が降ってないもん。」

「そうだよね、君が泣いていないもんね。」

彼は初めての出会いを覚えてくれたのを彼女はようやく知った

彼女は泣くのをこらえた。その小さな感動を、気持ちの動きを、自分の心の中に、大切にしまいながら。

空中に舞う夜桜の花びらが飾りをして、水たまりは彼女たちその幸せそうに目を合わせていた姿を映った。

 

雨、花弁、と出会い (作文训练3) - .杰々_☆°∴ -

 

 

終わり

 

以上为.杰々_☆°∴个人原创,请勿抄袭。

  评论这张
 
阅读(317)| 评论(7)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017